青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
早稲田高校 (現役)   東京大学 (文科T類)
    早稲田大学 (政治経済学部)
    早稲田大学 (法学部)
    早稲田大学 (商学部)
私が、「青沼」に入塾したのは、高2の4月でした。高校では、「英語」の成績は、それほど悪くはなかったのですが、小学校の頃から何となく「英語」をやってきて、それまでは何とかなっていたものが、「英文」が長くなったり、文構造が複雑になっていくにつれて次第に通用しなくなっていくのを感じ、もう一度基礎から固め直したいと考えていました。
そんな時、「青沼英語塾」のパンフレットを目にしました。「基本文法」から始めて、短期間で「英語」をトップレベルにまで仕上げてくれると書いてあったのを見て、僕は、大変魅力を覚えました。その頃、周りの友人達は、「英作文」や難しそうな「長文」にあたっている生徒が多かったので、少し不安にはなりましたが、「基礎なくして応用は成り立たない」と考えて「青沼」に入塾しました。
「青沼」に入塾して、まず驚かされたのは、「FINAL WEAPON(オリジナル単語集)」です。もし、この「単語集」に出会えていなければ、僕は、「英単語」をこれほど短期間で「大学受験レベル」にまで引き上げることは、とうていできなかったと今改めて思います。これほど、「英単語」を覚えるための工夫が完璧に整えられている「単語集」は、他にはないと思います。

高3生になると、毎週の課題の量も増えましたが、高2のうちに、ある程度基礎が固められていたので、無理なくこなすことができました。そして高3の「夏期」以降からは、いよいよ「TRL」という、「青沼」独自の訓練法がスタートします。これは、トップスピードで「native」が読み上げる「英文」を、毎日聞き続けることによって、「夏期」で学んだ「長文読解」を最高レベルで完成するとともに「リスニング能力」も同時に向上させることができる画期的な学習法です。そのおかげで、「リスニング」をずっと苦手としていた僕でしたが、模試での「リスニング」の点数も飛躍的に伸ばすことができ、不安を抜い去ることができました。

僕は、「青沼」に入る前の自分と同じように、これまでただ何となく「英語」をやってきて、これからの「英語」の学習法に不安を覚えている人には、特に強く「青沼」をおすすめします。「青沼のカリキュラム」について行きさえすれば、必ず君の目標へ向けて「最短キョリ」で走り抜けることができるでしょう。